【脳科学】良い人でいることをやめると人生が好転する

良い人でいることをやめると人生が好転するアイキャッチ画像 ライフスタイル

今回も脳科学からみたシリーズです。

世の中にはたくさんの良い人がいます。

そして今読んでいるあなたも良い人かもしれません。

ただ、良い人でいることってかなり疲れませんか。

まゆやん
まゆやん

私は良い人であることをやめました。疲れるからです

今は自分の思うように生き、「死にたい」と思う気持ちはなくなりました。

良い人でいることを辞めると良いことがたくさん起こります。

・本当の友達ができる
・自分らしく生きることができる
・断る勇気を持てる

特にこの3つが、良いひとを辞めると良いことが起こります。

逆に良い人で居続けていたら、

私には本当の友達はできなかったでしょうし、自分らしく生きることもできなかったし、頼みごとを断ることができなかったでしょう。

良い人を辞めると脳科学的にどんな変化が起きるかお話ししていきますね。

脳が疲れなくなる

本来の自分の言いたいことを隠して、良い人であろうと努力すると脳にかなりの負担がかかります。

このときに脳の前頭葉が自分を抑制しようと活発に動くのですが、

良い人であろうとしすぎると常に負担がかかっている状況になります。

これは人間が自分を守ろうとする本能からきていると言われています。

まゆやん
まゆやん

良い人であろうと常に気を張っているわけですから負担がかかって当たり前ですよね。

脳にかなりの負担がかかるということは、「良い人」であることが「ストレス」になります。

無意識に脳の負担を軽くしようと、「ストレス」を発散しようとしますよね。

そんなときにあまりの脳の負担がかかっていると衝動的に発散してしまう傾向があります。

よくある例では、

会社や学校、外出中は「良い人」だけど、その反動で家に帰ると暴力(言葉を含む)を振るったり、過食や拒食したりなどが挙げられます。

もしくは逆に家では何もできなくなってしまう無気力状態に。という例もあります。

良いひとを辞めると、この脳の負担が減るので、ストレスをあまり感じない生活を送れるようになります。

すごく人生が楽になりますよ。

 

自分らしく生きられるようになる

良いひとを辞めるということは、「自分に正直に生きる」ということです。

自分に正直に生きることで、「人から嫌われたらどうしよう」と考えると思いますが、正直に生きた方が嫌われなくなります

もし嫌われたとしても、それは自分を「都合よく扱っていた人」に嫌われるだけです。

そんな都合よく扱っている人に自分が嫌われるほうが、逆に人生が楽になります。

まゆやん
まゆやん

利用してやろうという悪意のある人を遠ざけることができるんですからね!

 

「正直に生きる」ようになると脳が活性化します。

自分がやりたいことをやれるんですから、脳が快感を覚えるんですね。

正直に生きると気分も高揚してきます。

それが最初の正直に生きる選択をした時であればその喜びは計り知れません

 

まゆやん
まゆやん

私もすごい高揚感を味わいました。

人生に色がつくってこういうことかと実感したレベルです。

 

脳が活性化すると最初のうちは少し疲れるかもしれませんが、これは適度な良いストレスなので問題ありませんよ。

この良い脳の活性化は、人生を良い方向へ導いてくれます

活性化すると頭の回転が早くなるだけでなく、余裕ができるので人を見る目を養えます。

 

本当の友達ができる

本来の自分を出せるようになってくると、本当の友達ができるようになってきます

人は自分を隠している人には警戒心を抱き、逆にちゃんと自分を見せてくれる人には信頼感を抱くという研究結果があります。

良い人であろうとすると、どうしても自分の意見を隠しがちになってしまいますよね。

自分ではうまく隠せているつもりでも、人は本能的にその隠している部分を察知します。

なので、この人が好きや嫌いなど直感的にわかるんですね。

 

まゆやん
まゆやん

私の場合は小学校〜高校まで本当の友達と呼べる人は一人もいません。

その時は自分の本心を隠し、良い人でいようとしていたので利用され、いじめられました。

大学に入って自分に正直に生きようと決心したので、そこで本当の友達に出会えました。

自分の意見を言っても、本来の自分を知っても友達になってくれる人が世の中にはどこかに存在します。

まゆやん
まゆやん

18年間、本当の友達がいなかった私でもできたので、自分が変われば友達はできます。

 

断る勇気が持てるようになる

自分らしく生きているので、無駄な仕事は断れるようになってきます。

なぜなら、その仕事をしなくても死にはしないからと思えるようになるからです。

もし命の危険があるならその仕事をやりますが、

まず断って死ぬ仕事は普通に生きてる限りほとんどないと思います。

その人からの評価は落ちようと、その人がその人自身の仕事をやれば良いだけです。

 

良い人を辞める簡単な方法

良いひとを辞めるためには勇気がいると思いがちですが、やり方さえ知れば簡単にできるんです。

やめる方法は3つ

・自信をもつ
・自分の意見をもつ
・他人の評価を気にしない

 

自信をもつこと

今もし自信がなかったとしても大丈夫。自信というものは本当になんでも良いんです。

私の場合、初めは「友達が誰もいないこと」でした。

笑っちゃいますよね。自分が置かれている状況を逆手にとったんです。

友達が誰もいないから、なんでもできる。過去を知っている人に街中でばったり会っても「あなたは友達じゃないから」と思っていました。

私の場合、本当に自信を持てるものが一つもなかったので、こんな感じで自信を持ちましたが、自信となりそうなものならなんでも良いんです。

対人ゲーム最強。
ポケモンのスターミー育成なら誰にも負けない。
漫画のあのシーンのセリフ全部言える。
めっちゃ美味しいもの知ってる。
大食いなら負けない。

など。

もし、何か嫌なことあっても、何か一つでも自信があれば大抵のことは乗り切れます

今はくだらないような自信に思えても、そのうち自信になりそうなものが簡単に見つかるようになりますよ。

 

自分の意見をもつこと

今は良い人でいるために脳が抑制して考えられない状況かも知れません。

良いひとであろうとすることは脳が思考停止するように抑制しているからです。

まずは、「自分はこういう人であるべきだ」「こう思われたら嫌だ」と思うことをやめることです。

まゆやん
まゆやん

ここからが自分の意見をもつための、スタートラインです。

最初はそう思うことをやめるのは難しいです。なにせ脳が反復練習を何度もしてきたからです。

だけど、何度も繰り返していくと脳も学び、いずれ思わなくなります

そこまでくれば、もう自分の意見が出始めている頃です。

もし、自分の意見が出てこなかったとしても、練習すると意見が出るようになってきます

 

オススメの練習法は、本を読んでこう思った。こういう意見もあるんだな。ということを記録し、ためていくことです。

この時に重要なことが「素直に自分の意見をそのまま書き出すこと」です。

そうすると自分の思いや意見などがどういう傾向にあるのか見えてきます。

これが最終的に自分の意見になります。

 

他人の評価を気にしないこと

自信がなかったり自分の意見を持っていなかったとすると、自分が自分を認められない状況になってきます。

そうなると他人の評価が自分の価値になってしまうんです。

良い人であろうとしている人は、こんな状況になっている人が多いです。

もちろん私もそうでした。

まゆやん
まゆやん

他人の評価を気にしすぎて、誰かがいつも自分の悪口を言っているのではないかとビクビクしていました。

他人の評価を気にしなくなる方法は、

自分は自分である。という気持ちをもつこと。

自分の周りの人は、自分のことを評価してきますよね。

極端な意見ですが、

その評価してくる人たちは低評価であれば物理的に殺そうとしてくる人たちですか?

そんなことをしたらその人は捕まりますよね。

昔はそんなことがまかり通る時代だったかも知れませんが、今は違います。

人の評価が良くなったり、悪くなったりしようとも自分の価値は変わりません。
良い人でなくなっても自分の価値そのものは変わらないんですよ。

そのことを知っておくだけでも、他人に振り回されず、自分のことを見失わずにすみます。

 

まとめ

良い人をやめると人生が好転します。

それは、脳が疲れなくなるからです。

脳が疲れなくなると、ストレスから解放され人生に余裕ができます。

・自分らしく生きれるようになる
・本当の友達ができる
・断る勇気が持てる

こんな良いことが起こります。

良いひとをやめる方法は、

・自信をもつこと
・自分の意見をもつこと
・他人の評価を気にしないこと

この3つです。

一気に変えることは難しいかと思うので、ちょっとずつ変わっていけば良いんです。

もし良い人であろうとしちゃった〜!(落ち込み)となっても、最初はそんなものです。

繰り返していくうちに脳が自動で良い人であろうとはしなくなるので反復して練習することが大事です。

自分なりに地味に続けていってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました