WEBデザイナーにWEBデザイン技能検定(国家資格)は必須!?

WEBデザイン技能検定-(国家資格)は必須!?アイキャッチ画像 WEBデザイン

WEBデザイン技能検定ってご存知ですか?あまり知名度が高くないちょっとマニアックな資格です。私は資格を取るのが好きなのですが、この資格のことは最近知りました。

このWEBデザイン技能検定は、マニアックな資格なのにも関わらずなんと国家資格なんです。

国家資格のうちの一つにも関わらず、3級の取得はめちゃめちゃ簡単

まゆやん
まゆやん

この間、3級の試験を受けてきて無事に合格しました。

3級を受けた理由としてはどのくらいのレベルなのか知りたかったからです。2級は今度受けようと思っています。

今回はWEBデザイン技能検定の合格の仕方、WEBデザイン検定を取得することがオススメのかたについてお話ししていきますね。

WEBデザイン技能検定とは?

ウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等を問う、国家資格です。公式HPはこちら

資格は学科と実技で別れており、

3級の場合
・学科45分、実技60分
・年4回開催
・受験料8,000円(35歳未満であれば)
・合格基準は100点中70点以上で合格
(学科70%以上、実技70%以上)

そしてなんと3級の合格率は60%〜70%なので合格率も高め

まゆやん
まゆやん

国家試験には珍しく受験料が比較的良心的ですね。

3級は全国各地で開催されている、かつ年に4回も試験があるので挑戦がしやすいです。
合格発表も試験日から1ヶ月以内に発表されるので、スピード感がありいいですね。

数年前にWEBデザイン技能検定という国家資格が生まれたようで、まだWEBデザイナーの人でも持っている人の少ない資格の一つになります。

そのうちWEBデザイナーになりたければ持っていることが必須の世の中になるかもしれませんね。

WEBデザイン技能検定を受ける価値について

この検定を受けるに当たって、受ける人がどれくらいWEBデザインに知識があるのかで変わってきます。

WEBデザインを勉強したことがなく未経験で受ける場合、WEBデザイナー歴2〜5年、WEBデザイナー歴6年以上、WEBデザイナーに復帰したい方で受ける価値が変わってきます。

どんな人に特にオススメなのかお話ししていきます。

これからWEBデザイナーを目指す人

今までにWEBデザインの勉強をしたことがない、これから何かしら勉強しようと思っている。そんなかたにはものすごくオススメな資格です。

まず、この検定は美しいデザインを追求する検定ではなく、WEBデザインを制作するに当たっての基礎的なHTMLやCSS、デザインやインターネットの法律的な問題が数多く出題されます。

筆記試験では、法律的な問題、HTMLやCSSのバージョンによってどんなことが違うのかが出題され、実技試験ではPCを使いファイルの移動、HTMLの組み替え、CSSの操作などの基本的な部分が出題されます。

筆記実技共にWEBページを作成するときに最低限必要な知識が詰め込まれています

この検定で勉強をしておけば、いざ現場に出たときに基礎的な知識があるので無難についていくことができます。

現場では専門用語がバンバン使われているので、

話についていけない!何話してるの?!

なんてことも少なくなるかと思います。

そして法律を知らないがゆえに起こるトラブルも事前に回避することができるので、取っておくと良い資格です。

 

現役WEBデザイナーが受ける場合

現役のWEBデザイナーは3級は簡単すぎるので「2級」から取得していくことがおすすめです。受験資格のところに実務経験2年以上ならば2級を受けることができます。

まゆやん
まゆやん

もしWEBデザイナーになりたての方は復習もかねて「3級」から取得し、「2級」への受験資格をGETするのが良いかと思います。

2級は全体の合格率が約30%なので、持っていれば割とすごい資格です。3級と比べかなり実技試験の難易度が上がるので実務経験を積んでいないとかなり厳しい資格でもあります。

WEBデザイナーは実務経験の年数でどれだけできるかを判断されますが、実務経験が長くても、

そのデザインレベル…低くない?

という「なんちゃってWEBデザイナー」は世の中に溢れています。

そんななんちゃってWEBデザイナーではなく、プロのWEBデザイナー」であることを証明するためにWEBデザイン技能検定2級以上は欲しいところです。

ちなみに1級は実務経験7年以上、もしくは2級に受かってから2年以上の実務経験がある人が受けられるので受けるハードルがとても高い。

そして1級合格率は数%しかないのでかなりの難関資格の一つだと言えます。

現役WEBデザイナーで、実務経験もあり、他のなんちゃってWEBデザイナーとの差をつけたい、プロWEBデザイナーであるということを証明したい方にはオススメの資格になります。

 

WEBデザイナーに復職を考えている方

出産や育児などでしばらく現場を離れていた人にも「3級」取得はおすすめです。

まゆやん
まゆやん

WEBデザインは離れていると本当に忘れます。

過去にどんなデザインやコーディングをしていたのかを忘れてしまうのでちょっと思い出しがてらついでに資格取ってみるか。という方におすすめです。

特にコーディングの部分は忘れがちなのでサクッと思い出せるかと思います。

数年でWEBデザインの流行やコーディングなどがガラリと変わることも珍しくないので、今こんなのが出てきたのか〜など知るきっかけになります。

もし、かなりの実力があって3級じゃ物足りない!という方には2級を受けておくこともいいかもしれません。

WEBデザイン技能検定の合格の仕方

今回の検定攻略は私が受かった3級メインでお伝えします。

学科の対策

学科の試験は、インターネットに関わる知識や、HTMLのバージョンによっての違い、など幅広い知識が必要になります。

試験内容が過去問と同じ形式、同じ問題が出るので過去問を攻略することが学科に合格する秘訣です!

未経験の方は「ウェブデザイン技能検定 過去問題集 3級」の本を購入し、じっくり勉強することが良いです。

インターネット上にもたくさん問題集がありますが、基礎的な知識がない状態で問題を解いていくと、本当の理解が得られない場合が多いからです。

まゆやん
まゆやん

試験のための勉強になってしまったら、勉強する意味がありませんからね。

 

現役WEBデザイナーの方は、試験対策ページにある問題集を一度解いてみてください。もしこの時にわからないものが多すぎる場合は、過去問題集を購入し問題を解いていくことが必要です。

ある程度8割くらい解けてしまったら問題集の本はいらないので購入しなくてもいいです。私は実際に購入せずに合格しました。

合格した際の勉強法は、

・まずは過去問をわからなくてもいいから解いてみる。

・間違った部分や問題文の中でわからない用語があれば調べる。

・何度も繰り返し解く。

この基本的な方法で合格しました。わからないところを無くしていくことが重要です。

まゆやん
まゆやん

この方法ならば、眠くならずにしっかり勉強できます。

過去問は過去2年分(試験6回分)くらいで十分です。WEB業界は流行り廃りが激しいので常に新しい方法などが出てくるからです。余裕がある方は過去3年分やっておけば安心です。

あとはアプリの暗記カードを使ってわからない用語は徹底的に覚えました

なんだか学生時代の勉強みたいで楽しかったですよ。この方法以外にも自分にあった暗記方法を見つけて実践してみてくださいね。

 

実技の対策

実技の対策は、学科と違って暗記してもどうにもなりません。理解が必要だからです。実技はパソコンを使って試験を行われるので、パソコンがない方は購入しておきましょうね。

実技で使用されるPCはwindows7以降なので慣れておくと良いでしょう。

ブラウザはChrome、firefox、edge、IEなのですが、現場ではChromeかfirefoxを使用することが多いのでそのどちらかで使用するのが良いです。

まゆやん
まゆやん

(ちなみにWEB業界でIEは嫌われ者です。色々とコーディングが面倒なのです。)

 

実技の対策も、未経験の方は本を購入してそのCDROMについてくる実技用の練習問題で練習していきます。現役の方は、本を購入されている方は本で、試験対策ページに実技の練習問題があるのでそれをダウンロードして勉強する方法がおすすめです。

もちろん未経験のかたも試験対策ページに乗っている問題を使ってみてくださいね。

練習問題の形式としては練習問題をみてもらうとわかるのですが、本当に基本的なHTMLとCSSを使ったコーディングが主な問題となります。

まゆやん
まゆやん

未経験の方は最初はかなり時間を取りますし、難しいかと思いますが慣れれば簡単なのでたくさん問題を解いていきましょう。

コーディングをするに当たって、コーディングをするには専用のアプリケーションが必要になります。

試験ではサクラエディタ、TeraPad、Sublime TextがPC上にあらかじめダウンロードされています。

この中で一番のおすすめはSublime Text。フリーソフトですが現場でも使用している人が割といて使い勝手がなかなか良いです。日本語化するまでがややこしいですが、変な機能が多くない分、シンプルです。

SublimeTextのダウンロードはこちら

「Sublime Text 日本語化」で調べると出てくるのでそれで日本語化してしまいましょう。(試験会場ではすでに日本語化されていました)

たまにフリーソフトをダウンロードしたくなくて、メモ帳で勉強しようとする方がいますが、絶対におすすめしません。

まず間違いが多くなること、次に文字化けしやすいこと、ブラウザに合わせて改行が自動でされないのでHTMLを読み間違えやすいこと。などなど、あげだしたらキリがないほどです。HTMLやCSSを編集するときは必ず専用のアプリケーションを使用してくださいね。

 

まゆやん
まゆやん

実技試験は何度も繰り返し問題を解き、理解を深めることが重要です。
HTMLやCSSの概念を理解し、過去問を制覇することが合格への近道です。

 

試験会場当日の雰囲気攻略

こんな雰囲気だったということを事前に知っていたら、雰囲気にも飲まれず実力を出せます

まゆやん
まゆやん

そのためにも雰囲気をさらっと攻略しておきましょう。

試験会場の場所
私が受けた場所は比較的都会の方ですが、資格の試験会場は貸し会議場みたいなところで開かれていて、就活の説明会みたいな場所でした。駅からもそこそこ近かったです。

 

当日の流れ
受験票を持って受付にいき、指定された席につくという流れです。他の資格試験と同じ流れですね。長机1つに2人の受験生がいるという感じでした。

試験会場は何台もPCが並べられていて、事前説明を受け、PCのチェックをし、学科を受けたら実技を受ける流れです。

まゆやん
まゆやん

PCのチェック時に試験監督の指示に従いながらチェックするのですが、ボケーっとしてたため、途中でついて行けなくなるハプニングもありました(笑)

私と同じような方が多かったようで、試験監督の方たちは忙しそうにいろんな方の机で教えていました。チェックがうまくいかないと試験に差し支えるのでわからなくなったら恥を捨て、手をあげましょうね!

学科と実技の間は何分か休憩時間があって休憩時間になると会場から一旦全員退室しました。試験会場の整備が終わると休憩時間に勉強されている方が多く、7割程度の人が過去問題集を持っていた印象でした。

試験が終わったら解散!3級の試験はトータルで2時間くらいで終わりました。

 

試験会場の年齢や男女比など
3級の会場は幅広い年代の人がいましたが、若い人が比較的多かったです。それこそ高校生かな?と思うような学生さんから多分アラフォーくらいの方までいました。

男女比で言えば男性の方が多かったように思います。

 

当日の服装
服装も様々でなんでもOKです。スーツの方、ジャージの方もいてなんでもいいんだなと思った記憶があります。いつも通りの服で、大丈夫です。

まとめ

・WEBデザイン技能検定はWEB業界未経験の方におすすめの資格。

・現役WEBデザイナーも「プロWEBデザイナー」と証明できる。

・3級なら学科も実技も過去問制覇で合格できる。

・実技はwindows7以降、Sublime Textがおすすめ。

・会場の雰囲気を事前に知って準備万端にしよう。

タイトルとURLをコピーしました